陰ヨガとは?

本山博

陰ヨガの元になるチャクラ・経絡理論を提案された本山博博士。略歴は以下の通りです。

1951年 - 東京文理科大学(現筑波大学)哲学科卒業
1956年 - 東京文理科大学大学院博士課程修了
1962年 - 文学博士(哲学、生理心理学)。
1969年〜70年 - インド、アンドラ大学大学院客員教授(超心理学、生理心理学)
1976年 - インド、ヨーガ・ビハールスクール(スワミ・サッチャナンダ主宰)顧問。
1977年 - イタリア学士院アカデミア・チベリナ正会員
1979年 - アメリカ、オーハイ大学客員教授
1996年 - J.B.ライン博士誕生百年記念賞受賞

Paul Grilley(ポール・グリレィ)

陰ヨガの考案者であるボール・グリレィ氏の略歴です。

Paul Grilley has been teaching Yoga since 1980 and his special interest is the teaching of Anatomy.

He practices Yoga postures in the style of Paulie Zink and patterns his philosophy on the writings and researches of Dr. Hiroshi Motoyama —a Yogi and scientist from Tokyo, Japan.

This philosophy integrates the Taoist Meridian and Acupuncture theories of China with the Yogic and Tantric theories of India. Paul lives in Ashland, Oregon with his wife Suzee.

Sarah Powers(サラ・パワーズ)

ポール・グリレィ氏とともに陰ヨガを伝えている、サラ・パワーズ女史の経歴です。

サラは1987年からヨガを教えはじめました。

サラの教えるヨガは経絡と臓器のシステムを活性化させるための長くホー ルドする「陰」のシークエンスと、流れる動きである、Viniyoga,アシュタンガ、アイアンガーの教えに影響を受けた「陽」の練習法を組み合わせたものです。

サラはプラーナが流れるフィジカルな身体を活気づけることは、私達が抱える感情的な問題に対してオープンになることと同じぐらい重要なことであり、私達の根本的な性質を深め、洞察力を養うためには欠かせないことだと考えています。

また、トランスパーソナル心理学や、ヴィッパサナやタントリック、そしてゾクチェン 仏教の熱心なトレーニングから練習法を組み立てています。

発展途上国の子供や女性達を支援するためのインターナショナルなヨガのリト リートなどを提供する奉仕団体、Metta Journeysの共同創立者でもあります。

現在は夫のタイと共に、世界各地でサイレント・リトリートを主催しながら、カリフォルニア州、マリンにて、ティーン・エイジャーの娘、イマーニ・ジェイドと共に暮らしています。